ニッポンフードシフト公式note

農林水産省が運営するニッポンフードシフトの公式noteです。 農林水産省のソーシャルメ…

ニッポンフードシフト公式note

農林水産省が運営するニッポンフードシフトの公式noteです。 農林水産省のソーシャルメディアはこちら。https://www.maff.go.jp/j/pr/social_media/index.html

マガジン

  • 巷のシフトさん

    ニッポンフードシフト公式noteの運営スタッフが見付けた興味深い記事を紹介します。

  • 推進パートナーの活動

    ニッポンフードシフトに共感いただいた全国の推進パートナーの皆さんの取組を発信します。 登録はこちらから。 https://nippon-food-shift.maff.go.jp/partner/

  • #餃子がすき

    本企画では、みなさんの餃子にまつわるエピソードを多数投稿いただき、ありがとうございました! 餃子との真摯な向き合い方、餃子にかかわる懐かしい思い出や大切な方とのコミュニケーションなど、みなさんの様々なストーリーを垣間見ることができ、まさに、餃子の宇宙は無限に広がっていることを確信しました。 日本の食や農について考えるきっかけにしていただくために、幾つかの記事を順次紹介していきます。

  • NFS通信

    • 64本

    食や農の現場で見つけた、様々な情報を紹介します。

  • GENERATION Z

    • 53本

    次の時代を担う若い人達が、食や農林水産業に対する思い、目の当たりにしたリアルを発信します。

ウィジェット

リンク

記事一覧

魚介類の自給率

1 はじめに 魚介類は、周囲を海に囲まれた我が国にとって食生活とのかかわりが深い存在です。近年「魚離れ」が進み、平成23(2011)年度には、肉類の消費量に逆転されて…

「カレー」を通した食料自給率アップへの挑戦[Vol.2]

『食を通じて、家庭の幸せに役立つ』を企業理念として、カレーやシチュー、スパイス、デザート、スナック、ラーメンなど様々な商品を通じて消費者の「幸せ」をサポートして…

魚介類の自給率

魚介類の自給率

1 はじめに 魚介類は、周囲を海に囲まれた我が国にとって食生活とのかかわりが深い存在です。近年「魚離れ」が進み、平成23(2011)年度には、肉類の消費量に逆転されていますが、食文化を語る上でも魚介類は欠かせない食材であり、また、近年は健康面からも注目を集めています。
 魚介類の生産・消費の動向と自給率について、私たちの食生活の変容も交えてご紹介していきます。

2 寿司にみる魚介類消費 我が国で

もっとみる
「カレー」を通した食料自給率アップへの挑戦[Vol.2]

「カレー」を通した食料自給率アップへの挑戦[Vol.2]

『食を通じて、家庭の幸せに役立つ』を企業理念として、カレーやシチュー、スパイス、デザート、スナック、ラーメンなど様々な商品を通じて消費者の「幸せ」をサポートしているハウス食品様。

10年以上前から独自で取り組んできた地産地消の推進。まだ企業の社会貢献といった言葉が今ほど一般的ではなかった時代から活動を続けて経験を積み重ね、地域と一体化した取組を全国で展開しています。

今回は「カレー」を通した食

もっとみる