マガジンのカバー画像

食から日本を考えてみた。

4
推進パートナーの皆さんがそれぞれの活動を自ら発信します。
運営しているクリエイター

記事一覧

農業機械メーカーが都心部にカフェをオープンした理由

私たちは福岡県の都心部・福岡市から車で約1時間程離れたところに本社を構える農業機械メーカーです。 本社の近くには、田園や果樹園などがあり、「農業」が当たり前の毎日を過ごすことができます。 ▼ORECについての詳しい記事はこちら 今回なぜ、私たちが福岡市の都心部にカフェ併設の「OREC green lab 福岡」をオープンしたのかをお伝えしたいと思います。 OREC green lab 福岡の役割 OREC green lab 福岡は、2019年10月31日に福岡の中心

1月22日はカレーの日!?

皆さん、1月22日が「カレーの日」だってこと、ご存じでした? 語呂合わせではなさそうですし、夏のイメージが強いような気もするし。 全日本カレー工業組合のホームページによると「カレーの日」は 「1982年、社団法人全国学校栄養士協議会が、学校給食週間の前に、子供たちに好まれていたカレーを全国の学校給食メニューとして提供を呼びかけたことにちなんでいます。」とのこと。 詳しいことを全日本カレー工業組合の和田専務理事に伺いました。 「カレーの日として日本記念日協会に登録されたの

ORECの農機事業の歴史を深堀り!

今回は改めて、会社のメイン事業である農業機械事業(以下、農機に省略)についてご紹介します。 ORECがどんなことをしている会社なのか、何を目指している会社なのか、覚えていただけると嬉しいです。 ORECの原点「農家さんを楽にする機械をつくる」 戦後の深刻な食料不足という事態が続いていた時代。 「文明の利器で農作業の改善をはかろう。」 「農家さんを楽にする機械をつくろう。」 そんな創業者の想いからORECは、昭和23年に創業しました。 創業者である今村隆起が、はじめは自宅

おせちに飽きたら・・・

若い世代の方にはピンと来ないかも知れませんが、「しょーわ」を生きた我々世代の方には聞き慣れたフレーズかも知れません。 ハウス食品のお正月のCMと言えば「おせちに飽きたらカレーもね」というキャッチコピーのククレカレーのCMです。お正月らしい、とても印象に残ったCMでした。 ただ、この「おせちに飽きたらカレーもね」というフレーズはただの宣伝文句ではなく、実際に正月三ヶ日明けには、各ご家庭でカレーライスが食卓に登る回数が増えることが調査の結果わかっています。 お正月は、おせち料理