新潟発:新しいヒロインの提案「遅刻するおむすび少女プロジェクト」
見出し画像

新潟発:新しいヒロインの提案「遅刻するおむすび少女プロジェクト」

ニッポンフードシフト公式note

ニッポンフードシフト推進パートナーである自治体の取組として、日本人のお米離れを止めるため、特に若い世代に向けたお米の需要拡大PRに力を入れる新潟県の活動をご紹介します。

推進パートナーによる取組説明

 ”新潟県では、日本人のお米離れを止めるため、『遅刻するおむすび少女』という新たなニューヒロインカルチャーを作るプロジェクト「はじめよう、モーニングおむすび “遅刻するおむすび少女プロジェクト”」を1月17日「おむすびの日」から開始しています。
 深刻な日本の若い世代の米離れは、日本のカルチャー面からも何か影響しているのではないか?その原因の1つとして考えられるのが、マンガやアニメで定番となっている遅刻する食パン少女です。あらゆる遅刻しそうなヒロインが食パンをくわえて曲がり角で恋に落ちる。こうしたシーンの積み重ねが若者に「朝は食パン」というイメージを形成した可能性があると考えました。
 そこで米産地の代表、新潟として『遅刻するおむすび少女』という新たなニューヒロインカルチャーをつくり、それを浸透させるためにプロジェクトサイトを立ち上げました。漫画やアニメ業界で活用してもらえるような動画、タレントを使った短編動画を掲載しています。県食品・流通課は、SNSを活用した発信の強化も図っています。
 1月24日の第1弾から開始し、現在第4弾まで企画しています。また、プロジェクトの実施期間に合わせて、新潟米プレゼントキャンペーンも実施しています。”

画像1

推進パートナーの自己紹介

画像2

 “新潟県には、素晴らしいものがたくさんあります。美しい自然や美味しい食べ物をはじめ、歴史的価値の高い遺産や文化、知られていないかもしれませんが世界トップクラスの産業がいくつもあります。何よりまじめで温かい人々がいます。
 新潟は、一斉に花が咲き誇る春、海と川そして花火がまばゆい夏、稲穂が黄金に実る秋、そして白銀の冬と、鮮やかな四季で彩られています。
 また新潟は現在でも人口約219万人、全国15位の大きな県ですが、明治初期には、人口全国1位の県でした。全国13位の産出額である農業をはじめ、工業、商業等の様々な産業が、新潟県を支えています。
 県民の皆様が、新潟の魅力・新潟らしさ「新潟ブランド」を意識し、新潟に住んでいることを誇りに思い、これからも住み続けたいと思える新潟県、そして、国内外の方々が新潟に魅力を感じ、訪ねてきていただける新潟県を目指しています。 “

詳細は以下をご覧ください。



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ニッポンフードシフト公式note
農林水産省が運営するニッポンフードシフトの公式noteです。 農林水産省のソーシャルメディアはこちら。https://www.maff.go.jp/j/pr/social_media/index.html