マガジンのカバー画像

巷のシフトさん

49
ニッポンフードシフト公式noteの運営スタッフが見付けた興味深い記事を紹介します。
運営しているクリエイター

#Jリーグ

農業に”本気で”取り組み、チケットに並ぶ収益を目指すJリーグクラブ(#1/2)

Jリーグクラブは、それぞれの地域に根ざした社会連携活動を活発に行っており、“Jリーグシャレン!アウォーズ”では特に社会に広く共有したい活動を表彰しています。2021年にパブリック賞を受賞したのは、福島市を中心に県全域をホームタウンとするJ3の“福島ユナイテッドFC”。サッカークラブでありながら、福島県産農作物のPR・販路拡大を事業にしています。 既に多くのメディアで取り上げられていますが、改めてどういった活動がビジネスとして成り立っていて、地域に貢献しているのか。福島ユナイ

スキ
10

農業に”本気で”取り組み、チケットに並ぶ収益を目指すJリーグクラブ(#2/2)

(#2/2) 地元農家と全国サッカーファンを繋ぐ新規事業Jリーグクラブである福島ユナイテッドFCは、自分たちで育てたり地元から仕入れた農作物をどのように販売・PRしているのでしょうか? 当初は、アウェーの試合会場で福島県内の観光パンフレットを配布することにより来県を呼びかけていましたが、踏み込んだ活動として、県内の農産物、加工品を仕入れて販売・PRを行う“ふくしマルシェ”がスタートしました。アウェーの試合会場や提携クラブである湘南ベルマーレのスタジアムなどで出店を行い、1

スキ
7