マガジンのカバー画像

巷のシフトさん

49
ニッポンフードシフト公式noteの運営スタッフが見付けた興味深い記事を紹介します。
運営しているクリエイター

2021年1月の記事一覧

テクノファームけいはんな|京都から世界に挑む次世代工場

こんにちは!スプレッドnote編集部です。 私たちは創業の地、京都で2つの植物工場を運営しています。 植物工場のこと、よく知らない!という方はこちらの記事をご覧ください。仕組みについて説明しています。 「亀岡プラント」についてはコチラ 今回は第二工場である「テクノファームけいはんな」をご紹介します! イノベーションの街・けいはんな 2018年に出荷を開始した「テクノファームけいはんな」は、京都府木津川市の「けいはんな学研都市」というエリアに位置しています。ここは行政や企

スキ
28

長野県信濃町|ITを使った雪下野菜の生育(IoTセンサーとクラウドでデータ化)

農家の労働力不足を補いながら、農業での年間収入を増やすために、長野県信濃町ではIoTセンサーとクラウドを使って、雪下野菜の生育を実現しました。 その取り組みについて、ご紹介します! 65歳以上の高齢化率が高い「長野県信濃町」日本全国、すべての地域が直面している課題の一つが「少子高齢化」です。 日本全体でどれくらい少子高齢化が進んでいるかというと、以下の数値が公開されています。65歳以上の割合が年々増加している状況です。 ・19歳以下:17% ・20〜64歳:55% ・

スキ
10

スーパーで育った野菜!? サステナブルな都市型農業「infarm」

こんにちは。SWAQ TOKYOのさちです。 最近、よく行くスーパーの一角に突如謎の栽培ボックスが出現。 ボックス内ではハーブが育てられており、家庭菜園が好きな私は毎回植物の成長を覗き見ては、一体何が始まるのだろうかとワクワクしていました。 数日後、栽培されていたボックス内の野菜やハーブが収穫され、ボックスの外に!なんと根っこ付きで購入ができるようになっていました。 スーパー内で育てて販売するという斬新なこのシステムは、「infarm(インファーム)」というベルリン発の

スキ
23